プリウスの価格を限界まで下げる元営業マンの秘密テク!

プリウスの価格を限界まで下げる

今、プリウスの購入をご検討されている方は、いろいろと楽しく悩まれているかと思います。グレードをどうするか、オプションは?カラーはどうするか、どこのディーラーで買うのか、等々決めなければならない事がたくさんあります。

 

しかし、もっとも気になるのは、「プリウスの価格はいくらになるか」「値引きはどれくらい可能か」と言うことではないでしょうか。

 

プリウスのクラスになると、ちょっとした些細な金額の違いでトータルで大きな金額の差になってきますから、慎重に進めたいところです。

 

 

当然、今検討中のディーラー全てから見積もりを取ることになりますが、この時に留意しておいた方が良い点が2つあります。

 

(1) プリウスの全国での価格相場を知ること。
(2) 見積もりは「下取りあり」と「下取り無し」の2種類を必ずとること、です。

 

 

プリウスの新車の価格の相場を知ろう!

プリウスの新車の日本全国での相場を知るには、【オートックワン】が非常に便利です。
オンラインで全国のディーラーから一括無料で見積もりが取れます。伊藤忠商事やSBIグループの企業なので、信頼性もバッチリです!1,2分で分かるので簡単に相場を見ておいて下さい。

 

具体的な数字を持って、ディーラーと交渉すると、手ぶらで行って話すよりも、話もスムーズですし、説得力をもって、有利に交渉を進める事も出来ますよね!

 

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!


 

また、完全な「新車」にこだわらないなら、「新古車」「未使用車」を購入するという手立てもあります。これらは実はメーカーから”販売実績作り”のためにディーラーを通さずに流通しているもので、基本的に「新車と中身は変わりません」。車検はついています。また、メーカーの保証もディーラーで簡単手続きするだけで受けることが出来ますのでお買い得ですよね!

≪「備考」欄に、「新古車」「未使用車」希望!と入れて下さい。≫

 

お得なプリウスの新古車・未使用車の価格をチェック!>>

 

見積もりは2種類取りましょう!

「下取りあり」と「下取り無し」の2種類の見積もりを見比べると、そのディーラーが愛車をいくらで下取りしようとしているのか、また、プリウス自体はいくらなのか、はっきりと分かります。

 

プリウスは【オートックワン】を参考に、最も安いところで購入するとして、実は損得の大きなポイントとなるのは愛車の下取り価格の方になります。

 

ディーラーは、愛車を安く買い叩いて、その分で利益を出そうとしていることが多く、通常、その下取り価格は、中古車市場の相場よりもかなり安いことが多いのです。

 

現在の愛車の最高価格はいくら?

もし、愛車を最高の価格で買い取ってもらえたら、その分をプリウスの支払いに充当することが出来て、実質、プリウスの価格を限界まで下げたのと同じになりますよね。ここをうまくやれば、相当の金額の差が出てきます。

 

ここを上手にやるためにお勧めなのが、全国にネットワークをもつ大手の中古車買取りチェーンによるオンライン査定です。

 

一括無料ですぐに査定価格が分かるので、どこに売れば一番お得か分かります。きっと期待以上の買取り価格が出てくることでしょう。加盟業者によっては、事情で通常以上の価格を提示することもあるので、出来れば複数サイトでの査定を利用されることをお勧めします!

 

プリウスの価格を安くすることに成功しました!

 

ズバット車買取比較

「ズバット車買取り比較」で確認して見る!>>


《ズバット車買取比較》では、大手査定会社のJac、ガリバー、カーセブン、ラビットなどを含む 145社以上の車買取業者から、厳選8社に一括で査定依頼ができるので、 手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます!出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!

 

かんたん車査定ガイド

「かんたん車査定ガイド」で確認して見る!>>


中古車の買取査定サイトの決定版!! 今すぐネットで愛車の買取価格をチェック「かんたん車査定ガイド」。簡単な車情報の入力だけで、最大10社に一括で見積もり!!ボタン一つであなたの中古車の最高額が分かります!
高額査定をしてくれる会社を探して走り回る時代はもう終わり。車を高く売りたいのならネットで一括比較です!

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

「カーセンサー.net簡単ネット査定」で確認して見る!>>


中古車情報誌カーセンサーのwebサイト『カーセンサーnet』は、リクルートが運営するクルマ総合情報サイト。
中古車買取一括査定も全国の買取店が参画。たった2,3分程度の入力作業で完了。カーセンサーにしか掲載していない買取店もあるから一番高く買い取ってくれるお店が探しやすい!

プリウス 手頃な価格でやって来た未来

世界初のハイブリッドカー「プリウス」

 トヨタ・プリウスは1997年に販売が開始された世界で初めての量産型ハイブリッド車です。それまで当たり前のように利用されていたガソリンを用いる自動車に対して新たな選択肢を与え、自動車業界のみならず私たちの生活自体にも新風を吹き込んだ大変意義のある自動車であるように思います。

 

手頃な価格の未来の車

 プリウスは”未来からやってきた車”というコンセプトのもとにデザインが設計され、それまでになかったフロントグリルやボンネットのデザインが与えられました。また、内装も斬新さが話題を呼び、特にあまり馴染みのなかったセンターメーターの採用が注目を集めました。販売価格帯もトヨタの同じセダンに該当する車種とほぼ同じであったため、購入しやすい点も大きく人気を獲得する要因となりました。

 

進化した2代目プリウス

進化した2代目プリウス

 2003年からは2代目のモデルへと変わり、先代モデルよりも燃費が更に向上し、当時としてはトップクラスの水準を誇っていました。デザインも、後のトヨタ車に多く採用されるようなトライアングル・シルエットが初めて取り入れられ、よりスタイリッシュで格好良いハイブリッド車として生まれ変わりました。

 

現行プリウスと新しいラインナップ

 そして、現在販売されている3代目のモデルは2009年からラインナップに登場しています。この頃からはプリウスだけではなく他にも多くのハイブリッド車がトヨタの販売ラインナップに登場するようになり、また、2011年に発売されたアクアがプリウスからの派生車種として爆発的な人気となり、ハイブリッド車が一般に普及し浸透する契機ともなりました。その根源となったプリウスも私たちからの人気を引き続き獲得し続け、現在に至っています。

 

プラグイン・ハイブリッド

 現在のモデルからは通常のハイブリッドだけではなく、プラグイン・ハイブリッド(PHV)というタイプの種類の車も登場しています。これはハイブリッド車としての役割を担いながら充電して走行することもできる電気自動車としての役割も果たせるようになったのが非常に大きなポイントです。通常の走行時にガソリンが切れそうになった場合に、充電をしていた場合は電気で走行するモードに切り替えることができ、たいへん利便性が高いのではないかと思います。

 

プリウスの意味と未来

 2013年現在では、このプリウスを中心に、プリウスPHV、アクア、プリウスαなどのハイブリッド専用車種、そして通常のガソリン車のハイブリッド使用のものも非常に多く出てきています。こうしたハイブリッドカーの普遍化に大きく寄与したのは紛れもなくプリウスの存在です。そして、私たちの生活自体にも変化と恩恵を与えているプリウスは、今後も更なる進化を遂げ続けていくのではないかと感じます。

 

 

プリウス (PRIUS) という名前に込められた想い

プリウスとはラテン語で「先だって」を意味する

プリウスとは、ラテン語で「先だって」という意味がありますが、英語表記のPRIUSの1文字ずつにもそれぞれに作り手の熱い想いが込められています。エンジニアがプリウスに込めた想いは、一つずつ着実に実現して、また、終わることなく進化しています。

プリウスに込められたエンジニア達の想い >>>

プリウス体験記

プリウスがどうしても欲しくなりました 長野県 K.I さん

長年の夢だった沖縄旅行で、燃費が良く人気だというトヨタのプリウスをレンタルしてドライブ旅行をしてきました。ずいぶんと走って、エアコンをがんがん使って、それでもあまりのガソリンの使用量の少なさにびっくり!これなら長い目で見ると絶対プリウスがお得!とどうしても欲しくなりました

プリウス沖縄ドライブ体験記 つづき>>>

 

遠方に営業に出てもガソリン代が余るくらい 埼玉県 Tさん

以前、地方の会社に勤めていた時のこと。その会社では営業は私有車を使って動くことになっていて、ガソリン代を月額固定で6〜7万円払うという形態になっていた。私は実際に営業に出ていたわけではなかったが、営業の人たちから話を聞くと、一日で片道200キロ近くの往復があるという日も結構多く、月のガソリン代は6万円を簡単に超えてしまうという。そんな中、新たに入った営業がプリウスに乗っていた。若い社員だったとので、

続きはこちら>>

プリウス こぼれ話

プリウスは価格の安さや燃費の良さ、デザインの秀逸さから様々な用途に利用されています

トヨタ・プリウスに関するこぼれ話です。ちょっと驚く小さなエピソードや豆知識などを紹介しています。価格が手ごろで環境に優しいハイブリッドカー、プリウスは自家用車として普通に乗る以外にも色々な用途で利用されています。プリウス好きの方はちょっと覗いてみて下さい。

プリウスこぼれ話はこちら>>

 

プリウスは大変な人気車種で、今では街を歩いていても見ない日はないくらいです。そんなプリウスですが、実は意外な所でも大活躍しています。ここではそのいくつかをご紹介します。アニメやトイ、実際の外国の警察、軍などプリウスは高く評価され採用されています。

プリウスの意外な大活躍はこちら>>

プリウスのお得感〜アクアとの比較

まず、アクアがどの車格の車であるかをよく考えて欲しい。価格帯はハイブリッド車であるが故、どうしても170万円から200万越えとなってしまうので、どうもミドルレンジ以上の車と勘違いして購入される方が多い。この車の価値は価格ではなく、走行性能と実質燃費だと言う事をまず認識して欲しい。

 

知り合いでアクアを購入した方にお聞きすると、上記の理由から「ガッカリした」という声を聞く事が多々ある。それは間違いではない。と言うよりも、価格だけを見て車格を勝手に判断しているなら当然の声だ。

 

では実際に運転をするためアクアに乗り込んでみよう。

 

スマートキーを搭載しているので、ドアはそのままロックが解除されている。ドアノブの感触に 

続きを読む>>